主な流派

一般社団法人 心身統一合氣道会

盛平の高弟・藤平光一が「氣の研究会」を設立。「氣」「心」を重視した合気道。その後、「心身統一合氣道会」となる。

財団法人 合気会

合気道創始者の植芝盛平が設立した合気道界で最も大きな会派。各道場に指導方法や昇段の基準を一任している。

財団法人 合気道養神会

盛平の高弟・塩田剛三が設立。警視庁機動隊の必修科目としても採用されている。

NPO法人 岩間神信合氣修練会

盛平の高弟・斉藤守弘の息子である斉藤仁弘が設立。盛平晩年の合気道を忠実に守ることを重視している。

万生館合氣道

盛平の高弟・砂泊諴秀が設立。九州を中心に普及。

NPO法人 日本合気道協会

盛平の高弟・富木謙治が設立。試合形式を取り入れた合気道。

合気道S.A.

塩田剛三の高弟・櫻井文夫が設立。試合形式を前面に押し出して活動している会派。打撃ありの合気道。




a:1503 t:4 y:6